本日、第二回目の♡お灸カフェ♡が、無事終了しました*\(^o^)/*

本日、第二回目の♡お灸カフェ♡(26年4月12日)が、無事終了しました*\(^o^)/*今日は同級生6人と異業種鍼灸師さんの7人で、ワイワイ女子会さながら楽しく過ぎていきました。
今日は本日限定の常山なま菓子店さんの姫苺の桜餅を用意させていただきました。
一回目よりも伝えたいことは伝えられたんやけど、きめ細かに伝えるには少人数にするほうがよいのかなという反省もみつかりました。お灸カフェはお灸に触れてもらえる、また、東洋医学も触ってもらえる貴重な機会です。これからも、月一ペースで続けていきたい…と思います。5月は10日の15時スタートの予定です。

第一回目に参加してくれた妊婦さんから、嬉しい感想をいただきました。
***
昨日もありがとう❗ お灸、ツボマッサージともに娘も気に入って、我が家の母娘、お灸女子です❗ 昨夜も今夜もゆったり時間使って満喫したよ。
いつもは三回トイレに起きるのに、昨夜は珍しく一回だけやったよ。足元もぽかぽかでお灸効果だとうれしいわ。
ホント素敵な紹介ありがとね。 来週は是非娘も連れて参加させてもらいます。
***
親子で、また家族でお灸をしてもらえることは願ったり、叶ったりです!お灸ファン、お灸女子がますます増えていきますように(≧∇≦)

第一回目の☆お灸カフェ☆無事、賑やかに終えることができました〜(*^^*)

第一回目の☆お灸カフェ☆無事、賑やかに終えることができました〜(*^^*)

大人6人、お子さん5人、そのうち妊婦さんもいらっしゃいました。いろいろな種類のお灸を体験していただいたり、症状別のツボを持って帰ってもらったり、日ごろお伝えしたいと思っていることができて嬉しい日になりました。

子どもちゃんもみなさんお灸を体験したい!と言って自らやってみたり、花粉症のお子さんも気持ちいい*\(^o^)/*と言ってくれました。子どもの頃からお灸を知ってもらえるとさらに嬉しいです。

詳細はフェイスブックにて♫

 

中村仁一先生『超高齢化社会を輝いて生きる~いかに生き、いかに旅立つか~』講演会

完成版チラシ裏
超高齢社会はまだまだ関係がないと思っているかたを含めすべての年代の方に聞いていただきたい講演会です。自分のこともですが、大切な方の生き方を考える上でのヒントが見つかるかもしれません。

中村仁一先生の講演会は常に満員御礼です。今回は350名の方を無料にてご招待させていただきます。当日、会場が満席になることが予想されます。席を確保したい方は主催者にメッセージもしくは、チラシにあります(社)石川県鍼灸マッサージ師会へのお電話をしていただけますと幸いです。

社会福祉法人老人ホーム同和園附属診療所所長で医師の中村仁一先生をお迎えして、『超高齢化社会を輝いて生きる~いかに生き、いかに旅立つか~』という演題にてご講演をいただく運びとなりました…。

中村先生は自然死を大切にされ、「生き方」は「逝き方」であることを提唱されています。 一般的には語ることをタブーとされている「死」について生前から語る「自分の死を考える集い」を主宰されたり、死ぬ前に入棺体験をすることで、今生きすことをあらためて見つめなおすという機会を提供されておられます。

著書に『大往生したければ医療とかかわるな』『老いと死から逃げない生き方』など多数あります。