ONLINE上司

オンライン上司のこれまでとこれからと

はじめに

今日で、2月が終わろうとしています。

私は、昨年の7月に会社員からパラレルワーカーへと転身し、仕事のスタイルはリモートワークに変わったものの、おかげさまでデザインを生業として生活することができています。

昨年の今ごろに会社を辞めて、次の会社に行こうかというタイミングでスタートさせたのが、こちらの「オンライン上司」になります。

オンライン上司を始めようと思ったきっかけは、普段は会社員デザイナー(アートディレクター)として長い間働いていたので、仕事の役割的に部下がデザインした制作物をチェックしたり、全体のクオリティー管理をする業務が多かったため「このスキルや経験を生かすことができないのか」と考えたからでした。

私は、戦略的にものごとを考えるタイプの人間なので、構想に約3ヶ月(サービスを設計するのに1ヶ月ほど)の時間がかかってしまいましたが、昨年の3月6日に「オンライン上司」をリリースさせていただきました。

これもひとえに今までサポートしてくれたみなさん、運営チームのみなさん、何より参加してくださっているメンバーのみなさんのおかげだと思っています。

いつも本当にありがとうございます(_ _)


「オンライン上司って、中でどんなことをしてるの?」とよく聞かれる理由

ありがたいことに、最近「オンライン上司って、中でどんなことをしてるの?」とよく聞かれるようになりました。

一般的なコミュニティーであれば、オープンにプロジェクトを動かしていたり、活動内容を対外的に発信したりしている方が多いため、どのようなことをしているのかを通常は読み取ることができますが、オンライン上司はそのような運用をしないコミュニティー設計になっているので、それがひとつの原因なのだと思います。

個人的には、コミュニティー内でプロジェクトに参加して何かを成し遂げようとするよりも、今それぞれにある環境の中でやっていくべきこと(やろうとしていること)を明確にしていきつつ、個々にサポートしてもらう体制を整えた方が、その人にとってはありがたい環境ではないかと思っているので、やや閉鎖的なオンラインコミュニティーに見えてしまっているように思います。

他のコミュニティーのように大きくプロジェクトを動かしたり発信をしたりする必要がないので、SNSでエゴサしてもなかなか感想なども出てこないですが、数少ない感想もチラホラあり、嬉しいお声もいただけているので、せっかくなのでピックアップしておきますね。

というわけで、これからオンライン上司の中で活動している内容を少しばかり紹介していきたいと思います。基本的な要項はこちらに記載してますので、改めて読んでいただけると嬉しいです。


クリエイターの職種ごとに相談できる充実のサポート体制

現在はこちらの4名でオンライン上司の運営をしています。

クリエイターの職種(チーフ)ごとにSlackのチャンネルが分かれており、それぞれに相談できる環境になっています。

各チャンネルごとにデザインの添削や相談ごとが積極的におこなわれており、そのやりとりもオープンに見ることができるので、ありがたいことにこれを見るだけでもかなり勉強になるという感想もいただいています。

私を含めて運営チーム(チーフ)に相談する際は、基本的にはチャンネル内でオープンにしていただいていますが、オープンにしにくいご相談や内容によっては、Slack内のDMで個別にやりとりをおこない、場合によってはオンラインで個別を相談させていただいたりもしています。(マンツーマン)

オープンに相談いただくもの、クローズで相談いただくものと、実際のところはトータルで半々ぐらいの割合ですが、みなさんのご都合に応じて選んでいただいているのが現状です。


気軽に参加できるオンラインコンテンツ

オンライン上司が始まってから、試行錯誤をしながら今までコンテンツを運用してきました。

うまくいったものも、いかなかったもの、たくさんありますが、基本的にはメンバーのみなさんの意見や感想を聞きつつ、必要性に応じてコンテンツをカスタマイズしていっています。

オンライン上司は対外的にプロジェクトを動かさない分、実際には中で色々なコンテンツが展開されています。

今年に入ってから、特に力を入れているのは「参加型のラジオコンテンツ」になります。こちらは、運営チーム内の誰かが主体となったラジオ配信(zoomを使用)で毎週配信をしています。(ROM専やコメント参加のみもOK)

私が主体の「上司の面談ラジオ」は、私がメンバーの方(一人)をゲストにお呼びして、その方が悩んでいる課題や相談ごとにのるコンテンツ。一方、チーフが主体の「チーフの面談ラジオ」は、その都度コンテンツの内容を決めるようにしています。

先日の「チーフの面談ラジオ」では、WEBデザイン課にて「バナーデザインのトレース実演」を、グラフィックデザイン課にて「フライヤーデザインの実演」をおこないました。オンライン上司では駆け出しのクリエイターの方が多いので、普段はなかなか見ることができない内容ということもあり、とても評判が良かったです。

他にも、2週間に1回のペースでグラフィックデザインの課題を出して、1週後に提出してもらい、それを後日にまとめてオンラインでフィードバックすることも「トレーニングルーム」というチャンネルの中でおこなっています。

こちらも、オンライン上司のコンセプトに合わせて、制作者を匿名にしてフィードバックをおこなうようにしています。

スキルや経験は人によって違うので、課題のクオリティーに差がでてしまうのは当たり前の話。誰が制作したのかはご本人がわかれば良いだけの話なので、そのあたりのしっかり配慮もした上で、みんなが気持ち良く挑戦できるような設計にしています。

なお「上司の面談ラジオ」「チーフの面談ラジオ」はもとより、オンライン上司のオンラインコンテンツはすべてzoomで録画をおこない、後日にアーカイブをおこなった上で、全員がいつでも閲覧できるようにしています。


オフラインな場もすごく大切にしています

オンライン上司という名前だけあって、言わずもがな「オンライン」でのやりとりや活動が中心となりますが、直接お会いして交流することも大切にしています。

私自身が大阪在住ということもあり、どうしても大阪が中心となってしまいますが、セミナーやイベントで他府県に行く場合には、オンライン上司のメンバーと交流できる場(オフ会)を定期的におこなうようにしています。

今までもオープンに発信はしていませんでしたが、過去には6回も「オンライン上司オフ会」を開催しており、メンバー同士の交流も積極的におこなっています。

また、私自身が主催するセミナーやイベントに関しては、昨年の後半から無料で招待させていただいています。

セミナーやイベントの前後の日程で「オンライン上司オフ会」をおこなうことが多いですが、メンバーの方と直接お会いする機会を多く作るようにしています。


クローズドの強みを生かした情報共有とモチベーションの維持

オンライン上司は、Slackの中でのやりとりが中心になるため、その中のチャンネルでの情報発信も積極的におこなっています。

「上司の日報」は毎日更新され(最近飛び飛びになることもあり、すみません…)「上司のタイムライン」では、Twitterでは言いにくい情報をオープンにしていて、「オススメ情報共有室」では備忘録代わりにオススメの記事などをシェアしています。

上司ニシグチが普段Twitterで発信している内容とはまた違ったタイムラインになっているので、面白がって見てくれている方も多いのも嬉しい限りです。

Twitterではブランディング的にも言えること(発信する内容)が限られているため、個人的にすべてのことを共有できずにいるのが現状なので、そのあたりをオンライン上司でアウトプットさせていただいているイメージです。

また「日々のがんばり室」では、みなさんが日々アウトプットされているクリエイティブが毎日上がってくるチャンネルで「みんなががんばっているから、私もがんばろうと思える」と言って、日々アップしている方もいるぐらい、心底モチベーションが上がるチャンネルもあったりします。

クローズドだからこそ共有できる情報もたくさんあるので、そのあたりをオンライン上司の中でうまく生かせていけるといいなと、個人的には思っています。


これからのオンライン上司について

このタイトルからして、大それたことを書かないいけない欲にかられるのですが(笑)

これからのオンライン上司の方向性としては、今までと変わらず「個人の自己成長をサポートし合える場所」として、存在感を高めていきたいと思っています。

あくまで対象は「個人」なので、オンライン上司のみんなと一緒に何かを成し遂げたいとか作りたいとか、そのような方向にいくことは今後もありません。

コミュニティーの中だけの盛り上がるようなことをしてしまうと、端から見たらそれが壁に見えてしまって、その方の多くの出会いの可能性を失ってしまうと思っている派なので、そうならないように居心地の良いコミュニティー設計でいきたいと思います。

また、オンライン上司はクリエイターの方を対象としていますが、2年目に突入してから(3月から)は、非クリエイターの方にも是非参加いただきたく思っています。

私が担当している「ブランディング課」はクリエイターに限らず、すべての職種に関係してくるものですし、クリエイティブに興味がある方、仕事でクリエイティブなことに携わっている方にも満足いただけるコミュニティーになっていると思います。

積極的に参加できない(しにくい)方も参加しやすいように、些細なことでも丁寧にわかりやすくフォローできるような環境を、これからも運営チームと共にオンライン上司の中でつくっていきたいと思います。


さいごに

ここにきて新型コロナウイルスの影響で、自宅勤務や外出を控えることが多くなってきています。

クリエイティブな仕事のことで気軽に相談ができたり、アドバイスや添削をしてもらえる気軽な環境は、これからも大切なものになってくると思いますので、是非このタイミングで「オンライン上司」をご利用いただけると嬉しいです!

明日の3月1日(日)21時から、新メンバーの応募受付を開始いたします
※定員に達しましたので、3月分の募集は終了しました。

下記の要項も合わせてお読みの上、上司ニシグチのTwitterのDMからお申込みいただけます。

それではご応募お待ちしております!!


追記

【2020/03/01・追記】

このブログを公開後に、オンライン上司に参加いただいている方々が引用リツイートをたくさんしてくださっていたので、改めて利用者のご感想として見ていただけると嬉しいです!

一覧へ戻る